×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

gooゲーム

Y!ニュース

Loading...

二十四時間の情事 ウィキペディア

二十四時間の情事 動画

二十四時間の情事
二十四時間の情事
彼女(エマニュエル・リヴァ)は映画女優で、日仏合作の反戦映画をヒロシマでロケをしていた。彼(岡田英次)は建築家で、ヒロシマに住んでいた家族を原爆で亡くしている。ホテルの部屋で体を重ね合わせた後、彼女がフランスに帰るまでの24時間が、ほぼ2人の会話のみで進行していく。

映画冒頭、原爆の影響で髪の毛が抜け落ちていく女性や、皮膚がケロイド状に焼け爛れた子供の無残なドキュメンタリーシーンが延々と続いていく。彼あるいは日本人にとって、それは決して忘れてはならない戦争の傷跡だ。

一方の彼女も、生まれ故郷のヌベールで敵のドイツ兵との恋に落ちたことから、地下室へ幽閉され村八分にあったつらい過去を彼に話はじめる。彼との情事で、恋人を忘れようとしていた不実に気づいた彼女は、「ヌベールに戻る」と彼に切り出すが・・・。

過去の初恋(ヌベール)と新しい恋(ヒロシマ)の間で揺れ動く彼女の心象風景をあらわしているかのように、カメラはヌベールとヒロシマの街並を交互に映し出す。変わってしまった彼女を引き止める術もない彼は、彼女の跡を着け回し「君を忘れられない」ということしかできない。ラスト、過去のしがらみを捨て生まれ変わった2人が、お互いを一般名詞で呼び合うシーンはとても印象的だ。

もし忘れることによってしか人は生まれ変われないというのならば、歴史を学ぶことに何の意義があるのだろう。<死>を遠ざけようと、人はひたすら新しいものを創造しようとするが、それは<忘却>という副作用を伴う。そして、過去のあやまち(戦争)を何度でも繰り返すのだ。




二十四時間の情事
二十四時間の情事
この映画は、反戦、広島といった要素は直接的には関係ないと思います。「生VS死」、つまり、「体験したことVS見聞きしたこと」の間の埋めがたい溝。本人にとっての体験は、他人にとってフィクションであり、想像することはできても理解など出来るはずがない。私達が死を想像することができても、理解できないのと同じです。生きている人間は誰も死を体験していないのですから。(笑)しかし、もし、愛する人の死を体験することで自分も生きながら死んでいるような状態になることは死を意味し、強烈に惹かれあう異性と一緒に過ごすのは生を意味すると、、。強烈に惹かれあい愛し合うということは、物理的に生きているという次元から、精神的に生きているという次元に変えてくれると、月並みに言えば男女間では愛こそが至上であると、、、そして愛そのものは、幸福も不幸も持ち合わせているが、それこそが「生きる。」という意味だと、、。それを、記憶と忘却という言葉のフィルターを通して語っています。冒頭での広島に関する会話と、我々が日本人だからどうしても日本人俳優の方に主観を持っていきがちですが、映画の主観は主人公のエマニュエルの方です。彼女の過去の恋愛を岡田英次が聞くシーン辺りから、映画の主観は、彼女の方に変わります。日本人ならではですが、冒頭シーンの会話と日本男の方に主観をおいていると分からない映画ですね。いずれにせよ、ロマンチックだなー、こんな恋愛してみたいです。恋愛映画として傑作。




二十四時間の情事
二十四時間の情事
戦後10余年、映画のロケで広島を訪れたフランス人女優(エマニュエル・リヴァ)と日本人建築士の男(岡田英次)が、ホテルの一室で一夜限りの情事にふけっている。女はかつて戦時中、ドイツ人兵士を恋人にしていたことで、戦後頭を刈られて断罪されるという過去を持っていた。そして女は男との情事を通じて広島の惨禍を知る…。
マルグリット・デュラスの原作・脚本を得てフランスの名匠アラン・レネ監督が、広島というよりもHIROSHIMAを戦争、即ち人間の犯す原罪と捉えて描いた名作。いわゆる反戦映画でも原爆批判でもなく、ドラマ性すら拒否し、イメージの羅列と淡々とした男女の会話の中から、時間の流れとともに戦争の記憶が忘却の彼方に追いやられていく哀しみが醸し出されていく。とかく難解さが取り沙汰されるレネ監督作品の中でも、これは比較的掴みやすいほうだろう。特に唯一の被爆国・日本にすむ者は、そのイメージを感覚的にも解読しやすい。(増當竜也)





昨晩 二十四時間の情事 が夢でこう告げた・・・!


大阪を中心に話題の 二十四時間の情事。アンデルセン童話「人魚姫」をモチーフに、人間になりたい魚と少年の心温まる交流を描いたファンタジー。
「手放し、前進し、人生を再び信じること」をテーマにしているという。

、、ってそんな話を聞いたらやっぱり思い出したのがこれっすね。

『 恋愛が与えうる最大の幸福は、愛する人の手をはじめて握ることである。 』( スタンダール )

っちゅうことですねー確かに。

【映画】DVD HIROSHIMA MON AMOUR 二十四時間の情事
【映画】DVD HIROSHIMA MON AMOUR 二十四時間の情事むかしの映画ですね。 −−どういうものかは、ボクにはかなりわかりません。 観念的な映画ですね。 こういうのが芸術的な映画だったのかもしれません。 −−フランスで非国民とされた女性。 ...

「二十四時間の情事」 (ヒロシマ・モナムール)
’59年に制作されたマルグリット・デュラス原作、アラン・レネ監督のモノクロ映画である。 先月この映画を見たことがきっかけで、私はこの間広島に行こうと思ったのかもしれない・・・ 広島で出会い惹かれ合ったフランス人の女と日本人の男。 ...

『二十四時間の情事』
フランスが見た広島というのが興味深い。 1959年 フランス作品ランニング・タイム◆90分原題◆Hiroshima mon amour プロット◆二十四時間の情事ではなくなってしまう話しのようです。 音楽◆Georges Delerue/Giovanni Fusco ...

ヒロシマモナムール〜二十四時間の情事〜
今年で映画「二十四時間の情事」が製作されて50年たつという。 この何ともいえないいかがわしい映画を連想させる邦題も「ヒロシマモナムール」とフランス語そのままの題名になってきています。それはそれで、「二十四時間の情事」でもよかったなあなんて変に ...

二十四時間の情事
彼女(エマニュエル・リヴァ)は映画女優で、日仏合作の反戦映画をヒロシマでロケをしていた。彼(岡田英次)は建築家で、ヒロシマに住んでいた家族を原爆で亡くしている。ホテルの部屋で体を重ね合わせた後、彼女がフランスに帰るまでの24時間が、 ...

【送料無料選択可!】二十四時間の情事 / 洋画
内容>「去年マリエンバートで」の名匠、アラン・レネがマルグリット・デュラスの原作を映画化した初長編作「二十四時間の情事」DVDリリース!! 戦後数年経った広島、戦争中のトラウマを抱えるフランス人女優と日本人建築家との一日限りの情事の中に、戦時 ...

ヒロシマモナムール 二十四時間の情事
ヒロシマモナムール 二十四時間の情事. 本日、観てきました。 あなたは、「広島を見ていない。」「私は広島を見た。」から始まるシーンが印象的だった。 館の入り口に、当時の写真が展示してありました。 映画の中の広島が、地元の人はどこかすぐわかるの ...

夜と霧
これを監督したアラン・レネはフランスの芸術映画系の監督さんで、他にも広島を舞台にした「二十四時間の情事」や「去年マリエンバートで」(さっぱり判らん作品ですが)などがあります。 この30分程の映画に登場する死体や生首は全て現実であり、 ...

ヒロシマ・モナムール
鑑賞ツアー:河岸の“青空写真展” 仏の女優が撮った50年前のヒロシマ /広島 ◇水上タクシーで鑑賞ツアー 日仏合作映画「二十四時間の情事(原題「ヒロシマ・モナムール」)の主演女優エマニュエル・リバさんが50年前、広島での撮影の合間に撮った写真 ...

「ヒロシマ・モナムール(邦題:二十四時間の情事)」上映とロビー展示
「ヒロシマ・モナムール(邦題:二十四時間の情事)」上映とロビー展示 日時 2008年8月2日(土)~8月8日(金) 場所サロンシネマ(鷹野橋) 内容 8・6を挟んだ特別上映です。 問合夢売劇場 広島サロンシネマ tel:082-241-1781 fax:082-241-1793 ...

二十四時間の情事








松島幸太朗 | 逃亡者